賃貸物件の駐車場代って使わないのに支払うの?

賃貸物件の駐車場代って使わないのに支払うの?

賃貸で部屋を借りる時、「駐車場あり」と書かれている物件ってありますよね。あなたが車を使わないのに毎月の駐車場料金を払うので馬鹿らしいはずです。不動産屋のカラクリと支払う必要があるのかお伝えします。

賃貸の駐車場代って支払うの?

「駐車場有り」と書いてある物件の場合、「駐車場も借りれますよ」という意味が多いです。だから別に駐車場の契約をしなくても大丈夫です

賃貸の物件を募集しているチラシやインターネットのページにはこのように書いているはずです

  • 家賃9万円 駐車場1万円
  • 家賃10万円(駐車場無料)
  • 家賃10万円(駐車場込み)

どれも10万円で賃貸の部屋を借りることができるという意味になります。

家賃9万円 駐車場1万円

家賃が9万円、駐車場が1万円だと住宅の賃貸契約と、駐車場の賃貸契約二つの契約になっているようにも見えます。

だから、このような表示の物件の場合、駐車場代をなしで契約できる可能性もあります。ただし、結局は不動産屋や大家の考えになってくるので断られる可能性もあります。

契約前に問い合わせをしといた方が良いでしょう。

不動産屋は、契約条件(駐車場を借りなくてもいいのか等)を明確にするのと、礼・敷、仲介手数料などについてもユーザーの誤解をまねかないように表示してほしいですよね。

すでに賃貸のマンションなどに入居していて、駐車場がすべて付いている場合

すでに賃貸のマンションなどに入居していて駐車場がすべて付いている場合もあります。最初は車を使っていたけど使わなくなる場合もありますよね。もちろん使っていなければ駐車場代は引かれることはありません。しかし、修繕積立金として請求される場合があります。

どういうことかというと、駐車場の設備はマンションなどの共用部分になります。そのために共用部分の維持管理費として、入居者全員で法律上は負担することになります。

※詳しい法律だと、

構造上区分所有者の一部の共用に供されるべき部分を共用と定めており共用部分の維持に要する費用は区分者区分所有者全員で負担すると経営しています。

(東京リーガルマインド、出る順マンション管理士・管理業務主任者試験に役立つ88のおはなし、2002.4.25刊より抜粋)

ただし、実際のところは、車を持っている区分所有者だけが負担していることが多いです。

騙されないで!駐車場無料と書いている物件のからくり

東京都内の物件にはあまりありませんが、地方などに行くと駐車場無料と書いてある賃貸物件がありますこれって本当に無料なのでしょうか? 不動産屋のからくりがあります。

  • なかなか入居者がいない不人気の物件の可能性
  • 駐車場だいが部屋の家賃に含まれている
  • 車がなければ損した気分になる

結論で言うと「駐車場無料と書いているような物件は駐車料金が部屋の家賃に含まれている可能性があります。」一瞬お得な感じもします。だけど借りる場合は、不動産屋にしっかり確認しておきましょう

コメント