ローンが通らないけど車を買う方法|最後の手段は意外な2つ

車が必要なのにローンが通らない……もしあなたがそんな悩みを抱えているのなら、ローンで車を購入する方法はあります。

ローンは「ある方法」を試すが組むことができます。今回は、車のローンの組みかたをお伝えします。

車のローンはブラックでも自己破産でも債務整理者でもローンは組めます

車のローンは、ブラックでも自己破産でも債務整理をした過去がある人でもローンは組めます。

だけど、一般のローンは組めない場合がほとんどです。

自動車ローンが組めないパターン

  • 銀行系の自動車ローン
  • 信販会社系の自動車道

これらは、信用情報機関のCICやJICCに債務整理経験者や、ブラックということで名簿に載っています。すべて情報が共有されているのでローンは通りません。

※連帯保証人がいると、通る場合もあります。

あと信販会社によっては、信用情報機関のデータを見ていない場合もあります。

ローン会社によっては、信用情報機関のデータを別のものを使っている場合もあります。

 

車購入のローンが通らないが車買う方法その1

あなたの審査が通らなかった場合、親族の別の名義で審査を申し込む方法はあります。

あなたの奥さんの名義で審査を出してみます。

ただし、気をつけないとだめなのが、「名義貸し扱い」にならないようにすることです。

どういうことかというと、あなたと奥さんの共同で使用する車という大義名分が必要です。 奥さん名で審査を受けてみましょう。

 

車購入のローンが通らないが車買う方法その2

自社ローンを行っている車屋を探す。

自腹ローンともいわれる自社ローン。読んで字のごとく、車屋の資産から運転資金を使用したローンです。

当然信販会社などは利用しないので、審査は車を購入した会社が行います。独自の審査なので、決まった条件というのはありませんが、大体決まっています。

  • 現在仕事をしていて毎月給料がある証明する書類が提出できる
  • 通帳のコピーや給与の明細
  • 自営業者なら収入が確認できる書類
  • 車庫証明書の取得が必要(車は当然車庫証明が必要になります。)
  • 有効期限の運転免許証がいる

ただし、購入する車は支払いに応じた車種や年式に限定されます。

希望するような車にはならないと思っておいたほうがよいでしょう。いわゆるゴミ車です。

自社ローンがあることがわかりましたが、どこのお店に行けばいいかわからないんすよね。

そんな時にインターネットを活用します。

 

自社ローンをやっている会社を探す方法

大手中古車検索サイトのカーセンサー(リクルート)や、グーネットで検索します。

どこの中古車検索サイトでも、検索窓に必要なものを入力すると出てきます。

普通ならば「アクア 千葉県」などで検索するところですが、自社ローンと入力して検索します。

そうすると地域によって異なりますが、自社ローン対応の中古車が検索できます。あとは、中古車販売会社に問い合わせを行います。

先ほどもお伝えしましたが、ローンが通らない人が車を買うためには、「中古車販売会社の審査」に通るしかありません。

事前に問い合わせの時に、「自社ローンで購入できるか」確認しておきましょう。電話はもちろんメールでも問い合わせができるはずです。

自社ローンは面談で決める場合がほとんど。だから人を見て判断されます。ちゃんとした格好で面談が受けられるようにしておきましょう。

返済できるお金があるのに、自社ローンが通らない人の特徴というのはあります。

  • 見た目が怪しい人
  • 暴力団関係者
  • 言葉遣いやマナーができていない人
  • 人としてやり取りができない人
  • ローンの審査を通りやすくするポイント

信販会社のローンも、中古車販売店の自社ローンも支払い回数をできるだけ長くすると、ローン通らないから車が買えないと思っているあなたも購入できます。

60回、72回払いと、あくまでも審査の時になるので、あとで支払い方法を変更することも可能です。

返済期間は短いほうが返済比率にも影響が出てくるので、当然支払い回数は少ないほうがお金がかかりません。

 

いつになれば信用情報機関のブラックリストから削除される?

あなたの信用情報機関のデータは、ある一定の期間が過ぎると履歴が消去されます。そうなればブラックリストに載らない一般の人と同じになるので、ローンを組める可能性は高くなります。

履歴が消去されるのはリストに載ってから5年という話もありますが、

  • 一般的に任意整理や長期延滞などの金融事故は5年でリストから削除されます。
  • 一方、自己再生や自己破産などの金融事故は、最長10年間リストから削除されず残っています。

※借入先にもよる。

1度でも長期延滞になった場合、完済するのにかかった期間+5年間なので実際はかなり長くなります。

だから多くの場合、5年経っても車のローンは通らない場合が多いです。

コメント